ビルメン日記

ハエを捕獲せよ!

こんばんは 青村です。

結構前の事になるのですが、とあるテナントから「外の一部分にハエが大量にいてヤバい!」というよくわからない連絡がありました。

現地に行ってみると、建物の隅っこらへんに大量にハエが飛んでいました。あとで業者に聞いてみたところ、風の対流が少ないところにハエが羽休みで集まっているらしく、さらにそのハエの中にメスがいる為、オスがやってきて、結果大量のハエが一部分に集まっているとのことです。

殺虫剤を噴射しまくりましたが、建物の隅っことは言え、縦はほぼ吹き抜け、横は無限に広がる空間ですので、ハエが分散し、全然効果がありません。

そういうわけで、餅は餅屋ということですので、害虫駆除の業者に連絡をしようとしたのですが、所長が「連絡する前にハエの種類を特定してからにしよう」と提案。確かに、ある程度虫の種類がわかったほうが、業者も駆除がしやすい筈です。

しかし、どうやってハエの種類を特定しようか・・・と思っていた矢先、「じゃあ、1匹獲ってきて」とハエ叩きを渡されながら、伝えられました。え・・・?ハエ叩きで捕るんですか?殺虫剤でも無理だったのに・・・

頑張ってハエ叩きを振り回しましたが、案の定、人の努力を嘲笑うかの如く、ハエは僕の周りをブンブン回っています。今わかったのですが、ハエ叩きは限られた空間で使用するのに適しており、こんな青空の下で振り回すのには圧倒的に向いていません。空を切るとはまさにこの事です。

もうなんか疲れてきたので、捕獲数0で防災センターに戻りましたが、所長からは「なに!獲れなかった!?しょうがない!俺が手本を見せてやる!」とハエ叩きを持って外に飛び出しました。

そして10分後・・・

戻ってきました

すごい勢いで所長が謝ってきました。

どうやら流石の所長でも捕獲は難しかった様子。縦にも横にも逃げれるハエは強敵だったようです。

もう捕獲は諦め、おそらくイエバエじゃないか?という事で業者に伝えて、後日駆除に来てもらったのですが、その時にはもうハエはその場所に1匹もいませんでした。そして、現在に至るまで、ハエは現れません。どうやら、風の対流が発生するようになり、ハエが集まりやすい環境では無くなったようです。

結局あのハエ騒ぎはなんだったのか?って感じです。幻?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA