レビュー

東プレのリアルフォースは「正解」なのか?

キーボードにこだわる

あぁ、いよいよ自分もその段階に来たか・・・って感じです。

僕は基本的にキーボードなんて、よほどの安物で無ければどんなのでも問題ないと思っていましたが、MacのMagic Keyboardのある点について不満が溜まり始めて、「そろそろ別の良いキーボードを手に入れてもいいのでは?」と思うようになってきました。

今まで使用していたキーボードは↓これ

Magic Keyboardテンキー付きモデルです。1万円ぐらいしました。相変わらずApple製は高い。

正直言って1万円に見合う性能か?と言われると微妙だと思います。

打ちやすいか?と言われると「う〜ん」って感じだし、逆に打ちにくいか?と言われても「う〜ん」って感じで、まぁキーボードとしての機能は問題無いし、なんかオシャレっぽいからOKみたいな感じのキーボードです。特別素晴らしいキーボードでは無いと思います。

んで、何が不満だったのかというと、左端のキーについてです。

この赤で囲った箇所。

Windowsキーボードだと、その位置には「全角/半角」キーがある事がほとんど。

職場だと、そのキーボードを使っているので、家に帰ってmacのキーボードを使用すると、うっかりWindowsキーボードの癖で赤四角の箇所を押して変換をしようとしちゃうんですよね。

Macでは当然その機能のキーでは無いので、画面上には無常にも「1」が入力されます。

これが何回も続くと、地味にストレスになります。これがMagic Keyboardの嫌な点でした。

悩んだ結果、リアルフォースを購入

購入したのは東プレのリアルフォース「R2SA-JP3M-BK」です。お値段は37500円(税込)Magic Keyboardより高い!

あまりにも高すぎるので、めちゃくちゃ悩みました。

1万円ぐらいなら、試しに買ってみるかって気になりますが、3万円となると「キーボードに3万円も出していいのか?」「この不景気にそんな散財していいのか?」「Magic Keyboardでも十分じゃん!」と相当な葛藤があり、2ヶ月間悩んだ挙句、買う買わないを繰り返し続けたので、「めんどくせぇ!買ったろ!」となりました。こんなに悩んでたら自分の性格上いつか買うのはもう目に見えていますので。

ちなみになんでリアルフォースにしたのかというと、ネットでめちゃくちゃオススメされていたからです。とりあえず、大勢が良い!と言ってるやつ買っとけばいいっしょ!みたいなノリです。我ながらチョロイ人間だと思います。

中身はこんな感じ。キーボードが思った以上に重くて、レジで商品を受け取った時「重っ」と呟いてしまいました。おそらく、このキーボードで頭部を殴られたら死ぬと思います。(Magic Keyboardは恐らくギリギリ助かると思います。)

ちなみに、これはキーボードを取り外すやつです。泡立器ではありません。

Amazonだと、これだけで500円近くするので、それが付属するのは助かりますね。

余談ですが、これを使用してキーを抜く際は、思いっきり引っこ抜く必要があります。本当に思い切らないと全然抜けません。

付属でついてきた赤いキーと交換してみましたが、なんで赤くするのか僕には意味を見出せなかったので、この後元に戻しました。

あと、なんかペラペラのシートみたいなのが2枚ついてきました。最初はキーのカバー的な物かと思っていたのですが

全然キーの大きさと合っていません。

なんか説明書みたいなのが付属していましたが、よくわからず。なんなんだこれは

※どうやら全部のキーを引き抜いて敷くみたいです。これでキーの沈み込みを調整できるみたい。知らなかった・・・

Magic Keyboardと比較!

Magic Keyboardと比較すると大きさはこんな感じ。

もっとでかいかな〜と思っていたのですが、実際はそこまで大きくは無く、テンキーが無いやつだと、もっと卓上がコンパクトになると思います。

ただ、厚みは結構差があります。

というかMagic Keyboardが薄すぎるんだよなぁ。

設置してみると、こんな感じ。思ったより圧迫感はありません。

ただ厚みがあるので、パームレストは有った方が間違い無いです。

ちなみにリアルフォースは有線ですが、ケーブルの取り出し口が3方向にあるのでケーブルでごちゃごちゃになる・・・と言う事は無いと思います。

自分の望む設定にしよう・・・と思ったら一苦労!

設置も完了したので、早速左上の「全角/半角」キーを使ってみよう!と言う事で・・・

ON!

 

 

すっ・・・

 

・・・ゑ?

 

 

変換が・・・されない?!

一応、Winモードに切り替えられると書いてあったので切り替えて見たのですが、何も変わらず。リアルフォースのセットアップソフトをダウンロードしてみても、変更できるのはキーの荷重設定ぐらいで、個々のキーの割り振りを変更できず。なんだこの役に立たないソフトは

もうこの瞬間「返品かな?」と気持ちが沈んでいたのですが、ネットでなんとか出来ないか検索。ちなみにここでキーボードを初めて使用したわけですが、変換されないショックでこのキーボードに対する感想は何も無し。マジで「無」でした。

そして、ようやく自分が求めていた設定方法について書いてあるブログ記事を見つけました。

http://MacでWindowsキーボードの「半角/全角」(または「E/J」)キーを文字どおり入力切替に使いたい人のための設定方法 | https://sheonite.net/apple/mac/1229/

https://firespeed.org/diary.php?diary=kenz-1830

上記のブログを参考にしました。ありがとうございます!

助かったZE!

返品は無事免れたのでした。

肝心の打ち心地は?

ここまで、実はリアルフォースを利用して書いています。

30分ぐらいキーボードを叩いていますが、なるほど確かに打ち心地が気持ちいい気がします。

店頭で触った時は、この打ち心地がネチョネチョした感じで、「もうちょっと乾いた感じがいいな〜」と思っていたのですが、長時間キーを打ち続けるのであれば、これぐらいの感度がちょうどいいし、音もこれぐらい静かな方が良い!と感じました。

本来はいかにもキーボードな感じの「かちゃかちゃ音」が良いと思っていたのですが、なるほどね・・・確かにかちゃかちゃ音は「短時間打つには」良いかもしれませんが、長時間打つ際には耳障りに聞こえるかもしれないな、と。

このキーボードは長く使えば使うほど、これが正解なのかもしれないと思えてくる一品です。ははぁ、こんな気持ち久しぶりだなぁ。こりゃあ、いい品を手に入れたかもしれない。

いやね、この記事を最初書き始めた時点では、オチは「そんなに言うほど良いキーボードか?」で〆ようと思っていたのですが、打ち続けていて段々と「いや、これ気持ちいいぞ?」と思ってきたのです。後半に連れて、手のひら返しが始まったわけです(笑)

3万円は高いですが、評価もそれに合わせて高い、良いキーボードだと思います。あ〜、これからこのキーボードでくっだらねぇ事を書いていくのか〜。ワクワクするなぁ〜!よろしくな!リアルフォース!

そしていままでありがとう!Magic Keyboard!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA