ブログ

ビルメンは日々、地震に怯えています

こんにちは ビルメンの青村です。

最近、地震多いですね。以前、「地震が怖い!」という事をブログで書きましたが、その後はあまり大きい地震が無かったのでそれほど神経質になっていなかったのですが、最近になってまたビクビクしております。大型トラックが横切った際に地面がちょっと揺れるのでさえ、過剰に反応してしまいます。実に心臓に悪い。

地震が本当に怖い・・・本日もお疲れ様でした。 ビルメンの青村です。 今日は何書こうかな〜、マジックを消すスプレーが謎の噴射で服がびしょびしょになった事を...

もし地震が発生した場合は、そのビルのビルメンは地震対応をしなければなりません。その時、適切な判断が出来るかどうか、めちゃくちゃ不安なわけです。一応そういった際のマニュアルは用意されているのですが、マニュアル通りに行かないのが緊急時というものなので、臨機応変に対応しなければなりません。もし、下手な対応をしてテナントからクレームが来れば、もうオーナーからは罵倒の嵐でしょう。ビルメンはそういった際の対応は出来て当たり前だとオーナーからは思われているわけです

そういったわけで、全国のビルメンは「せめて自分が勤務の時は地震起こらないでくれ!」と常に願っていると思います。

今回は、地震が起きた際に何が大変か書いていこうと思います。

エレベーターが止まる!

まず、地震で強い揺れを感知すると、エレベーターがストップします。ストップすると、高層ビルだと移動手段が潰されるわけです。こうなるとエレベーター管理会社が来るまでは、動かす事が出来ません。

そう言った際に「なんとかしてよ!」というクレームが防災センターに来るのは想像できます。この「なんとかしてよ!」というクレームが1番キツイんですよね。「なんともできません」というのが答えなのですが、そんな事いっても「じゃあどうすればいいんだ!」という返しが来るのは目に見えています。とにかく、出来ないものは出来ないのです。

しかし、お客様は神様の日本ではそんな回答は出来ませんので、なんとかしなければいけません。方法としては非常階段を使用して降りてもらうほかありません。その旨をなるべくご丁寧にご説明をしてご理解をしていただきます。

ちなみに、もしエレベーター内に人が乗っており、その状態でストップしてしまった場合、条件さえ整っていればビルメンたちで救出しなければなりません。エレベーター内に閉じ込められた人にとって、その状況は恐怖そのもの。果たして救出まで冷静にいてくれるか・・・、その対応にも骨が折れそうです。

いろいろな質問電話が来る!

おそらく、「今のビルの状況はどうなの!?」だとか「このビルは倒壊しない!?」だとか「避難はどこへ!?」「トイレが使用できない!トイレしたいのに!」など、色々な質問電話が来る事でしょう。

一応、全館放送でそういった関連の放送はするのですが、なにせパニック時なので防災センターに直接電話をしてくる人は数人はいるでしょう。

ただ、数人でも電話がかかってくると防災センターの人員はその電話対応に追われてしまうので、他の対応を出来る人が居なくなってしまいます。3人から電話が来ただけで防災センターは崩壊します

設備の警報が鳴りまくる!

ボイラーとか冷凍機だとかは、感震計が取り付けられているので、ある程度の揺れで停止します。また給水配管の緊急遮断弁が閉まったりするなど、地震に対してトリガーする機器が多くあるので、防災センターはそういった機器の警報が鳴りまくる事でしょう。

まぁ、ぶっちゃければ機器の警報なんて、他の対応が落ち着いたら対応すればいいと思うのですが、見たことのない警報名が中央監視PCに上がってビービー警報が鳴りまくってたら「え???大丈夫かコレ???」と不安になる事間違いなしです。

関係各所に報告をする!

まず、本社に「地震が起きたからこういう対応をする」という事を、メールし、さらに現場の現状を緊急対応サイトに書き込んで報告をし、さらにテナントに一斉メールをし、オーナーにも電話をし・・・という事を、関係各所に報告しなければなりません。これが非常にキツイ!

この報告は、落ち着いている時に行えればいいのですが、これを地震が起きた直後にやらないと「なんですぐに連絡しなかったんだ!!!」とお叱りを受けてしまうので、すぐにやらなくてはいけません。

これが所長のいる昼間だったら、所長や副所長がやってくれるのでまだマシなのですが、宿直の時に起きると全部自分でやらないといけないので非常に大変です。

・・・とまぁ、こんな感じで地震の規模にもよるのですが、やる事が一気に増えます。しかも、ここまでの動作を、少ない人数でやらなければいけません。しかも瞬時に

もし、防災センターに30人ぐらい動ける人がいれば、なんとかなりますが、僕の現場は、1日に防災センターにいる人数は多くて6人ぐらいなので

1人が館内放送係、2人目はエレベーター対応(もし閉じ込めがあった場合は最低でもう1人必要)、3・4人目は電話対応、5人目は関係各所に報告、6人目は現地確認・・・など全然余裕が無いのです。しかもその中で他にトラブルがあって、完全に人が付きっきりになってしまったら、本当に人手が足りなくなります。

僕みたいに地震対応の経験もなければ、ビルメン歴も浅い人間がそういった緊急事態時にスムーズにテキパキと動ける気がしないんですよね・・・。訓練などはある程度はしていますが、いざという時に、その時の訓練を思い出してパッと動けるか非常に不安です。

平和な日々・・・万歳!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA