ブログ

業者の報告書は手直しが必要です

こんばんは ビルメンの青村です。

いつの間にか消防設備点検が終了していました。結局、僕が今回やったのは住宅の居室内点検の立ち会いだけ・・・(しかも、ほぼ予備日)、テナントの中には1回も入りませんでした。楽っちゃ楽なのですが、たとえば次回の消防設備点検時に「そういえば、前回ってこのテナントなんか不具合あったっけ?」と言われても、今回まともに立ち会いをしていないから対応に困ると思います。一応、報告書には目を通していますが、実際に立ち会っていないと記憶から簡単に消えてしまいます。

これから先「青村は消防設備点検には立ち会わなくて良いよ!」と言われているのならば問題は無いのですが、そういうわけにはいかないので、今回みたいに全くテナント側の点検に立ち会っていないというのも考えものですね。

報告書と言えば・・・

業者が点検した内容に関しては、必ず業者が報告書を作成します。この業者報告書を受け取って、この点検は完了となるのですが、この業者報告書は一癖も二癖もあります。

すっげ〜提出が遅い業者がいる

出来れば点検を終了した翌週までには提出をして欲しいのですが、1・2ヶ月ぐらい待たないと提出しない業者がいます。

水質検査みたいに、結果が出るまでに時間がかかる系ならば仕方が無いですが、別にそうではなく、点検した内容をフォーマットに転記するだけのやつならば、そこまで時間はかからないはずなのですが、なぜかメチャクチャ時間がかかります。恐らく、担当者が忙しく報告書作成まで手が回らないのでしょう。

しかし、こっちも早く作成してもらわないと困るので、「まだでしょうか〜?」みたいなメールを出すと「遅くなりました!提出します!」とわりかしすぐに提出してくれます。絶対に「あ!やべ!!!」と思って急ピッチで作成したに違いません。別にこっちは何も言っていないのに「あそこの数値が本当に正しいか確認するのに時間がかかりました!」「点検をした下請け業者に一部問い合わせをしていて遅れました!」と理由がずらずらと並べられたメールも併せて届くあたり、う〜む・・・怪しい・・・

全然内容が合っていない

それで、急ピッチで提出された報告書は、大体間違っています。というか「これ前回の報告書じゃね?」と疑ってしまうぐらい間違っているのです。

こういった報告書は、このままヨシとすると次回業者が点検する際に、この報告書を元に点検をするので、現場が混乱してしまうので手直しが必要です。その手直しは誰がするのか・・・、それは僕らビルメンです。(現場によると思いますが・・・)

僕らが作成した点検表と業者報告書を見比べて、正しい報告書に直していきます。そして、それを業者に送り「こことここが抜けているから、追加してください」という風に、業者に直してもらいます。もうここまで来ると、業者の報告書を僕らが作成しているようなモノですが、ここまでしないと、「じゃあ再度報告書を確認しますので・・・」と言って修正された報告書が返ってくるのに1年は掛かってしまう可能性があるので、もう仕方が無いのです。

後輩に手直しをしてもらうが・・・

この手直しを今までは異動したSさんがやっていたのですが、なぜかその仕事を僕がやる事になりました。

で、ちょっと一人でやるのは時間が無いので、後輩にこの手直しの作業をやってもらいました。そして2日後ぐらいに「出来ました!」と言われ受け取り、念の為に確認してみると・・・

後輩も間違えてる!!

業者の報告書に「この部分が抜けてる!」という指摘が書いてあるのですが、その部分は普通にちゃんと報告書に書いてあるんですよ・・・。そして、本当に抜けている箇所は別に指摘が無かったりと大幅に間違っています。

一応、合っている場所もあるので間違えている箇所だけ直そうと思ったのですが、やっているうちに訳がわからなくなってきたので、結局自分で1から間違いを探す事に・・・。とんでもなく2度手間になってしまいました。トホホ・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA